じゃびっとひまわり日記

jabit0505.exblog.jp

福岡在住のジャイアンツファン 本とヨガをこよなく愛しヨガ哲学を学ぶ。傾聴やタロットと出会い精進中。 

決戦!本能寺

決戦!本能寺

著者
伊藤潤:織田信房
矢野隆:森乱丸
天野純希:島井宗室
宮本昌孝:徳川家康
木下昌輝:細川幽斎
葉室麟:斎藤利三
沖方丁:明智光秀

天正十年六月二日(一五八二年六月二十一日)

本能寺の変がどのような経緯で、いろんな視点、いろんな人の想念から
描かれている。

とても興味深く面白かった。

わずか434年前と思うとそう遠くない気もする。

私は昔から織田信長と豊臣秀吉が好きじゃない。
(秀吉が信長の草履を温めて出世した逸話は尊敬している)

この本を読んで信長はやはり皆から憎まれ、嫌われていた。
因果応報とは、このことだな~と感じた。

けれども私の好きな徳川家康だけは、信長のことを兄と慕っていたのには驚きだ。(幼少の竹千代時代)

二人は水魚(きわめて親密な友情や交わりを、水と魚が離れがたいことになぞらえて水魚という)だったのだろうか。

水魚という言葉の響きがとても気に入った。

水は上から下へ流れのまま進み、包み込むことも流すことも出来る変幻自在な性質。
水のような人になりたい。
[PR]
by jabit0505 | 2016-07-14 08:30 | | Comments(0)

福岡在住のジャイアンツファン 本とヨガをこよなく愛しヨガ哲学を学ぶ。傾聴やタロットと出会い精進中。 


by jabit0505