魂の退社

魂の退社

著者:稲垣えみ子

朝日新聞を退社されたアフロヘアの女性。

KBCの報道ステーションに出演されていたのを見て

この方の本を読んでみたい!と思った。

この本に書いてあること、まったく同意見である!

私には真似できないかもしれないと思ったことはナイナイ生活。

電化製品を捨てていくという生活をされた経験があること!

冷蔵庫すらも!尊敬しかない!

今もかな!?

日本は「会社社会」

会社依存を下げ、カネや人事に振り回されないこと。

「つながり」は大事だけど、つながるためにはまず一人になることが必要。

共感できる本に出会えたことをうれしく思う。

多くの人は会社やお金に支配されているのではないかなと私は思う。

私も50歳になる前にもう一度、将来設計を見直そう。


[PR]
by jabit0505 | 2017-04-07 08:05 | | Comments(0)