カテゴリ:本( 79 )

小さいおうち

a0071787_17213511.jpg


小さいおうち 著者:中島京子

女中タキさんの人生は・・・・・
[PR]
by jabit0505 | 2014-04-23 17:37 | | Comments(0)

TREASURE MAP【トレジャーマップ】:アレックス・ロビラ

成功者たちの言葉や考え方が描かれた本

極性の原理

男性、女性、情熱と冷淡さを併せもつように、心に善と悪を抱いている。
「両端は一つのものが違う表現をされているだけだ」と悟るときが来るからだ。
仏陀の言葉を借りるなら、「中庸の中に知恵がある」

あなたにとってお金とは?

お金は手段であって目的ではない。万物に奉仕した結果として利用できる生命エネルギーの象徴。お金は循環させるべき。

持っているもの、いないもの

持っていないものばかりに目を向けるのではなく持っているものに目を向ける。

自分と周りの人のためにポジティブな雰囲気をつくり出すことの大切さ。

お金を目的にせず仕事に最善を尽くせ。
最終目的がお金であってはならない。独自の個性的で誰にも真似の出来ない方法を見つけて顧客にとって真の価値を提供すること。

スティーブ・ジョブズ:信念を失わないこと。前進し続けてこられたたった一つの理由は自分の仕事への愛。自分が愛するものは何か見つける事。それは仕事でも恋愛でも同じ。心の問題と同じで見つけたときはすぐわかります。恋愛と同じく時がたつほど良くなるのです。
[PR]
by jabit0505 | 2014-04-17 17:50 | | Comments(0)

脳を活かす仕事術

【脳を活かす仕事術】 茂木健一郎さん

脳は「感覚系の学習」=(見る、聞く、感じるなどの五感を通して受け取った時その処理や認知を行う領域のこと)と「運動系の学習」=(実際に手足や口を動かすことを司る領域)二つのバランスが大事。

脳は感覚系で情報を「入力」=インプットし運動系を使って「出力」=アウトプットしています。

「入力」とは「理解する」ということで「出力」とは「実践する」ということ。

脳の出力を高めるためには、脳に入力された感動した言葉、役立ちそうな情報を友人などに実際に話して出力することが大切。

前頭葉の活性化には

1. クリエイティビティ(創造性)をもっていること 周囲が自分に求めていることと自分がやりたいことのギャップを埋める事。

社会の需要を満たしつつ、自分の欲求も満足させるためにはどうしたらいいか。が大切で自分と社会の関係性を新たに「創造」する。 アイデア、ひらめきは「思考のリフティング」を続け世界に問いかけることが大切。
こんなものだろうとかそれは当たり前だと簡単に割り切るのではなく自分に足りないものは何か?本当にこれでいいのか?と日頃から問いかけていることが大切。

2. セレンディピティ(偶然の幸福に出会う力)があること 偶然を幸運に結び付けられるかどうかは脳の使い方次第でポイントは、行動する、気付く、受け入れる、の3つ。

仕事で「自分のやりたいこと」を実現するにはまず「相手の要求に応える」ことが大切。

3. オプティミスト(楽天家)であること 楽観主義であること、根拠なき自身 不確かな未来におびえていて何も行動をとらないことはせっかくの学習機会を失うことになる。
素晴らしいセレンディピティが待っていたとしても行動を起こさなければ偶然の幸運に出会うこともつかみとることもできません。

どんな状況でも笑うこと。脳のモードをたくさん持って切り替えること。

4. ダイナミックレンジ(情報の受信範囲)が広いこと 核となる部分はしっかりともち、それ以外のぶぶんは柔軟にかつ自分の価値観はしっかりと反映させるという姿勢。

なるべく多くのリアルに触れる。

5. イノベーション(改革・革新)を忘れないこと理想の働き方とは「社会と自分が相思相愛」になるということ。
[PR]
by jabit0505 | 2014-04-08 19:27 | | Comments(0)

愛するということ

a0071787_16192867.jpg

【愛するということ】フロム

愛は技術である

「愛される」ではなく「愛する」ことが大切

「もらうより与えよ」

所謂、無償の愛だと思う。

愛に必要な四つの能動的性質

配慮:相手の気持ちや立場を考えること他人への気遣い

尊重:自分が人間として成長していきたいと願うと同時に相手に対しても幸福や成長を願う気持ちを持つこと。お互いにという意識が重要

責任:家庭を持つと当然ながら我慢しなければならないことが出てきます。それを受け入れるのが当然の愛なのに自分が我慢するくらいだったら結婚などしない方がマシだと思ってしまう

理解(知):相手を理解するということではなく相手を知ることによって自分自身を知るという意味を含んでいます。心理学では「他人は自分を映す鏡」という言葉をよく使いますが相手の目を見るとそこには必ず自分の姿が映っています。

人を愛するうえで前提となるのが相手と自分が対等だという意識。

自分と同じように相手を尊重し理解し相互に成長できる関係を築くこと―それが愛だ、


もしも皆がこのような気持ちで生きていければ戦争も起こらないかもしれない。

私自身に足りないところは「責任」

生きていくうえで「愛の習練」は大切なこと。

[PR]
by jabit0505 | 2014-03-13 17:40 | | Comments(0)

成功の実現

ワールドビジネスサテライト 隔週水曜日の「スミスの本棚」
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/blog/smith/

【成功の実現】著者:中村天風 定価9800円

「身に病ありとしもいえど、心まで病ませるな。運命に非なるものありとしもいえど、心まで病ませるな」

「人は『気』であり、心と体は道具に過ぎない」

肉体ばかりを考えて心をおろそかにしないこと。

人生はまこと心ひとつのおきどころ。

シェイクスピアの〖ベニスの商人〗の一節:慈悲は強いられるべきものではない 恵の雨のごとく、店よりこの下界に降りそそぐもの
[PR]
by jabit0505 | 2014-01-30 17:41 | | Comments(0)

疲れとり首ウォーマー

a0071787_1645164.jpg

[PR]
by jabit0505 | 2014-01-29 17:30 | | Comments(0)

a0071787_1321672.jpg

小林正観さん
[PR]
by jabit0505 | 2014-01-07 13:02 | | Comments(2)

夢を売る男

a0071787_1324025.jpg

[PR]
by jabit0505 | 2014-01-07 13:02 | | Comments(0)

老いの才覚

a0071787_1325814.jpg

[PR]
by jabit0505 | 2014-01-07 13:02 | | Comments(0)

【お金を貯めている人が必ずしている77のルール】

著者:藤川太さん

一人の生活になってかなり経済観念が変わり

あらとあらゆるものを実行するようになった。

銀行に預けていても金利はわずか!

家と車は負債。バブル時代とは違う!

将来、国は頼りにならない!

国は借金だらけで総合扶助など今後どうなるのかわからない。

自分でなんとかしなくてはね。

貯められない人→食費や洋服など、やりくり費から削る

貯めれる人→保険料や通信費など固定費から削る

これはぜひ見直すべきもの!

私も毎年、変更して削るのに成功!
[PR]
by jabit0505 | 2013-06-27 08:30 | | Comments(2)