じゃびっとひまわり日記

jabit0505.exblog.jp

福岡在住のジャイアンツファン 本とヨガをこよなく愛しヨガ哲学を学ぶ。傾聴やタロットと出会い精進中。 

<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

また、同じ夢を見ていた

また、同じ夢を見ていた
著者:住野よる

幸せって何ですか?

自分自身で考え、自分を見つめなおすことを教えてくれる本。

『気が付いて驚いた。もうずっと誰かのことを真剣に考えたことなんてなかった。誰かを喜ばせたいとも、誰かと一緒にいたいとも私は思わなくなっていた。諦めていたんだなぁ、私は。
人は誰かのことを真剣に考えるとこんなにも心が満たされるんだって。』

とても共感できる本。

[PR]
by jabit0505 | 2016-09-15 17:20 | | Comments(0)

久留米 水天宮にて

a0071787_1027628.jpg

a0071787_1027789.jpg

久留米シティプラザで開かれた
『同窓会コンサート』のチケットを頂いた。

私より10~20も年上の歌手の方々が溌剌と元気に歌って踊られていること尊敬。
トークも楽しかった。

その前に行った『水天宮』にて
[PR]
by jabit0505 | 2016-09-13 08:20 | 日常 | Comments(0)

教団X

教団X 著者:中村文則

この本は以前、アメトークの本が好きな芸人さんたちの回で紹介された。
かなり厚み、重みのある本なので読むならば途中で止めることなく最後まで読んでほしい。

文芸誌「すばる」で約二年半にわたる連載だったようで15冊目の本だそう。この著者がどのような生き方をされてきたのか知りたい。

病の治療は『信じる者は救われる』多少の病気なら治る可能性があるヒーリングパワー。
多宗教、それぞれの境遇によって形成された人格や思考が描かれている。

人生っていうのは比べるものじゃない。
参考や影響を受けることは良いけれど比べすぎは良くない。誰かの人生ではなく自分自身の人生を生き切ること。すべてを受け入れ、小さなことでも肯定していけば幸せを感じられる。
いずれ肉体は平等に滅びるものだからとわかっていれば人生楽に生きられると思う。
それをふまえたうえで毎日を大切に過ごし日々、努力を重ねていきたい。

人間の性欲、情欲見たくない部分も多く描かれているけれど宗教的な人間としての哲学も書かれていて驚嘆の本。

[PR]
by jabit0505 | 2016-09-13 07:45 | | Comments(0)

幸せになる勇気

『嫌われる勇気』から3年、

アドラー思想を青年と哲人の対話編という物語形式で進んでいく第二部作の『幸せになる勇気』

青年、鼻息荒、く時に罵詈雑言を浴びせる様子に少し笑ってしまった。


『教育の目標は自立である』

自立すること

社会と調和して暮らせること

この行動を支える心理面の目標が

わたしには能力がある、という意識

人々はわたしの仲間である、という意識


『わたし』の価値を他者にきめてもらうことは依存。

『わたし』のかちを自らが決定することが自立。

『人と違うこと』に価値を置くのではなく、『わたしであること』に価値を置くこと。


『尊敬とはありのままにその人を見ること』

尊敬の念をもつこと

どのような対人関係でも同じ

親が子を、上司が部下を尊敬する。

教える側に立っている人間が教えられる側に立つ人間のことを敬う。

尊敬なきところに良好な対人関係は生まれず、良好な関係なくして言葉を届けることはできない。


『他者の関心事に関心を寄せよ』

自分の目で見て、自分の耳で聞き、自分の心で感じるのではなく、他者の目で見て、他者の耳で聞き、他者の心で感じること

【共感】という技術が必要

カウンセリングで使われる三角柱に貼られた紙には見えるのは三面のうち、二面だけでそこには

『悪いあの人』『かわいそうなわたし』という言葉が書かれている。

思い悩んだ人が訴えるのは結局このいずれかなのだそう。

最後の一面に書かれていることばは『これからどうするか』

その中身を考えていくこと。


『なにが与えられているかではなく、与えられたものをどう使うか』

『幸福とは、貢献感である』

『愛とは決断である』


愛されることを望むのではなく他人を愛する勇気をもって愛することを望み、幸せになりましょう。
[PR]
by jabit0505 | 2016-09-05 08:15 | | Comments(0)

福岡在住のジャイアンツファン 本とヨガをこよなく愛しヨガ哲学を学ぶ。傾聴やタロットと出会い精進中。 


by jabit0505