<   2017年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

オリンピック費用

まだ、もめてる?

オリンピックって、ただの大きな運動会なのに?
東野圭吾氏の、ナミヤ雑貨店にも、そう書いてあって同感!共感!

他にももっとほんとうに必要なお金を使うべきところがあるのでは?

元々、オリンピック開催の主旨は戦争休戦から始まったこと。

責任の擦り合いは時間が勿体ない!
[PR]
by jabit0505 | 2017-05-31 22:16 | Comments(0)

慈恩の滝・桜滝①

a0071787_1537124.jpg

a0071787_1537197.jpg


a0071787_1537326.jpg


[PR]
by jabit0505 | 2017-05-19 15:37 | 日常 | Comments(0)

小国押戸石②

a0071787_1534084.jpg

a0071787_1534138.jpg

a0071787_1534285.jpg

[PR]
by jabit0505 | 2017-05-19 15:34 | 日常 | Comments(0)

山荘天水③

a0071787_15324812.jpg

a0071787_15324911.jpg

a0071787_15325046.jpg

[PR]
by jabit0505 | 2017-05-19 15:32 | 日常 | Comments(0)

著者: 三浦しをん

この方の本は、舟を編む、まほろ、神去なあなあ、小暮壮、天国旅行、などなど何冊か読破したけど、このような作品を初めて読んだ気がする。

明日死ぬことはないと信じ、愛情を信じ、罪を犯したものには罰が下されると信じ、死にも不幸にも意味があると信じる。

信じるふりをして生きる。

暴力はやってくるのではなく帰ってくるのだ。

自らをうみだした場所―日常のなかへ。

相思相愛って本当は難しいのかもしれない。
[PR]
by jabit0505 | 2017-05-11 08:30 | | Comments(0)

著者: 西 加奈子

アイ=私

ユウ=あなた

ミナ=皆

私、あなた、皆は存在します。

存在して良いのですよ。

ということを教え諭しているんだと私は受けた。

人それぞれに受け方、捉え方が違うのが面白いと思う。

心の響いたところは、
父が支援活動に熱心なのは贖罪からだけではなく、自身の恵まれた環境に対する罪悪感からなのではないだろうか。

アイはユウによってこの世界に新たに生まれた。

新しい命を得たアイはますます輝き、自身を愛した。
[PR]
by jabit0505 | 2017-05-11 08:02 | | Comments(0)

ツバキ文具店

後世に残さないといけない作品
[PR]
by jabit0505 | 2017-05-05 22:47 | Comments(0)

永い言い訳

a0071787_14493437.jpg

著者・西川美和

この方の本を初めて読んだ。

主人公を好きになれない。

人間ってたくさんの思いや感情があって当たり前なんでしょうね。

心情、成長のさまが…

死は残された者たちの人生に影をさしこませる。

生きていくためには想うことのできる存在が必要。
他者のないところには人生なんて存在しない。
[PR]
by jabit0505 | 2017-05-05 14:49 | Comments(0)