じゃびっとひまわり日記

jabit0505.exblog.jp

福岡在住のジャイアンツファン 本とヨガをこよなく愛しヨガ哲学を学ぶ。傾聴やタロットと出会い精進中。 

<   2017年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

寝たまんま瞑想

a0071787_23211168.jpg

瞑想、苦手な人・苦手な時に
[PR]
by jabit0505 | 2017-06-30 23:21 | Comments(0)

ナミヤ雑貨店の奇蹟

ナミヤ雑貨店の奇蹟

著者:東野圭吾

読みながら何度か特に後半、鳥肌がたった。

繋がりも素晴らしい。

全部繋がってはいるのだけれど5章に分かれていて読みやすいのでぜひとも読んでもらい作品。

第一章『たかがスポーツなのです。オリンピックといっても単なる大きな運動会に過ぎません。そんなもののために残り少ない恋人との時間をムダにするのはばかげています。』

全部の章、良かったけれど第四章の【黙禱はビートルズで】が好きだ。

何度も読みなおしたくなる素敵な作品だった。

本を読める時間があることに感謝。


[PR]
by jabit0505 | 2017-06-22 17:40 | | Comments(0)

墨龍賦

墨龍賦

著者:葉室麟

主人公は絵師の海北友松

たくさんの歴史上の人物が登場する。

始まりは明智光秀の重臣の斉藤内蔵助利光の娘のお福(春日の局)から。

本の中で、毛利元就のことを『今の覇者となった毛利元就は常の謀略を用い、ひとを陥れ、裏切らせて大をなしてきた。武士としての美しさには欠けるだろう。』

織田信長と明智光秀のことは『信長の非道に苦しむ民を救うため、明智さまは龍神となられるのだ。』

魔王信長と呼んでいる。

ただし『信長は覇王でしたが、美しきものがわかる男でした。信長とともに絢爛たる絵を作り上げていく永徳様の見事さに目を瞠る思いでした。されど新たな天下人のために書く永徳様の絵は見たいと思いません。』新たな天下人とは羽柴(豊臣)秀吉のこと。

葉室凛さんの書かれる時代小説は私の中にあるものと感じる部分が同じなのでいつも共感する。
[PR]
by jabit0505 | 2017-06-16 08:01 | | Comments(0)

ツバキ文具店

ツバキ文具店

小川糸さんの原作がNHKでドラマ化された。

この間、最終回を迎えた。

全ての回、いつも心に響いたのだけど最終回のひとつ前の回はとくに響いた。

手紙供養や鏡文字。

無理して人と付き合わなくて良いということ。

スマホの必要のない連絡先は削除!

生きているというのは修行をしていくこと。

先代、辛かったでしょう。

痴呆症のおばあちゃん、愛する旦那様がお迎えにきてくれて

ほんとに良かった。手紙のおかげ。

最終回では・・・

桜も人も必ず散ります。

だからこそ一期一会。

字とは人生そのものである。

そして・・・風が吹くのです。


[PR]
by jabit0505 | 2017-06-08 17:30 | 思い | Comments(0)

宮地嶽神社 奥の宮

a0071787_1124441.jpg

a0071787_1124551.jpg

a0071787_1124686.jpg

a0071787_1124750.jpg

[PR]
by jabit0505 | 2017-06-05 11:24 | Comments(0)

3回目の滝行

a0071787_11205369.jpg

a0071787_11205460.jpg

[PR]
by jabit0505 | 2017-06-05 11:20 | Comments(0)

宮地嶽神社ライトアップ

a0071787_9313168.jpg

a0071787_9313297.jpg

a0071787_931331.jpg

a0071787_9313388.jpg

[PR]
by jabit0505 | 2017-06-03 09:31 | Comments(0)

福岡在住のジャイアンツファン 本とヨガをこよなく愛しヨガ哲学を学ぶ。傾聴やタロットと出会い精進中。 


by jabit0505